タフト コンセプト。 ダイハツ「TAFT(タフト)コンセプト」、やっぱり東モの「WakuWaku(ワクワク)」がベースだった!

ダイハツ新型タフト世界初公開!! 市販化間違いなし!!【東京オートサロン2020】

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

なおサスペンションに関してはFF駆動の展示車両で確認した限りでは、フロントはストラット、リヤはトーションビームを採用している。 東京モーターショー2019ダイハツブースを改めて見たくなったぞ 楽しいコンセプトモデルが多数出展された東京モーターショー2019ダイハツブース。 開放感をアップしてくれるガラスルーフもタフトコンセプトの注目ポイントです。

9
「世の中の流れとしてSUVテイスト、クロカンテイストを持つクルマは、『ちょっと出かけたい』『ワクワクしたい』『非日常を感じたい』『個性を求めたい』という消費者心理にマッチしていると思います。

ダイハツの新型「タフト」はハスラーよりワイルドだった!【東京オートサロン2020】

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

バンパーやフェンダーなど、あえて無塗装とされた樹脂製パーツとのコンビネーションもバッチリです。 タフトには、「Tough and Fun Tool(タフ・アンド・オールマイティ・ファン・ツール)」という意味が込められています。 そのスタイリングはヘッドランプの細部やバンパーなどが変更されているものの、直線的な前後フェンダーアーチ部の黒樹脂やセンターピラーのスラント意匠などから東京モーターショー2019に出展されたコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」がベースになっていることが見てとれます。

17
タフトコンセプトの全高は1630mm。 むしろ気になるのはグレード設定で、タントのスマートアシストプラスは標準系/カスタム系ともに、最上級のターボ車のみのOP設定に留まっていた。

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉|ダイハツ

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

「マルチスパーク(複数回点火)」を採用。

4
余裕ある室内高を活かしてレッグスペースを稼ぎ、同時に見晴らしや開放感を高める設計を採用している。

ダイハツ、2020年央発売に向けて開発中の軽クロスオーバー「TAFT コンセプト」東京オートサロン 2020に世界初出展

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

また、4WDシステムも軽自動車としては標準的なVCU(ビスカス・カップリング)の採用が有力。 ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。

5
ワイルドな印象を強調する。

ダイハツの新型軽SUV「TAFT(タフト)コンセプト」は、スズキ・ハスラーよりも低さと四角さが際立つ!【東京オートサロン2020】

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

フロントのグリルガードなどもボディから出てしまいますので、ここまでやったらやり過ぎだろうということを、今回はあえてやりました。 ボンネットを長く見せるとともにサイドウインドウの天地高を低くした直線基調のデザインなどの妙技と思われる。 ハスラーは先代よりもボディの絞り込みを抑えることで室内スペースを稼ぎ、ハイト系に肉薄するユーティリティを実現している。

16
だが全高はタフトがハスラーよりも50mmも低い。 世界初出展となる軽クロスオーバーのTAFT コンセプトは、「Tough&Almighty Fun Tool」をコンセプトに、2020年央の発売に向けて開発を進めている軽クロスオーバーのコンセプトモデル。

ダイハツ「タフトコンセプト」を東京オートサロン2020で初公開

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

はたしてタフトはハスラーの独走に待ったをかけられるだろうか、発売が楽しみだ。 縦列駐車時や駐車場・車庫などでの取り回しをサポート。

13
軽自動車のタフなSUVといえばスズキ「ジムニー」が圧倒的な存在感で君臨する領域だが、タフトを開発したダイハツの狙いとは。 先行車発進お知らせ機能 停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせ。

ダイハツ 新型 タフト ガラスルーフ標準採用 軽クロスオーバー 2020年6月10日発売

コンセプト タフト コンセプト タフト コンセプト タフト

タフトはターボとFWDであるとされているが、市販化される際には当然ながら自然吸気と4WDもラインナップされるのではないか。

7
SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。 そうすることで、ファミリーでワクワクできるようなクルマを目指しました。